2016年12月17日土曜日

2016年麻酔科医局忘年会

去年の忘年会から短い1年間があっという間に経ちました。
今年も医局員が一同に会して、1年間のお仕事を労いました。
ひときわ冷え込む夜でしたので、東京駅周辺の灯りがとてもきれいでした。
今年も1年間ありがとうございました。来年も良い1年になりますように。
(写真は随時更新の予定です!)

2016年12月5日月曜日

ゴードン杯 2016秋

今年は秋というよりほぼ冬に近い気候になりましたが、無事ゴードンカップを開催することができました。朝方小雨ではありましたが、例年しっかりといいお天気をひきあてるゴードンカップ、始まりと同時に雨雲が少しずつ遠のいて、プレイしやすいお天気になりました。
いつも参加してださるベテランのプレイヤーの方々も、新しく参加してくださる外科系の若手の先生方も、ゴードンカップを盛り上げてくださりありがとうございます!
終わったあとの温泉とヤクルト最高でした。




臨床麻酔学会2016@高知

年に3日間開催される臨床麻酔学会ですが、今年は高知での開催となりました。
日医からは発表者のみの参加となりましたが9人ほど参加させていただきました。
この学会で初めてポスター発表をする若手医局員も多いかもしれませんが、めずらしい臨床経験の報告や、啓蒙的な内容も多かったです。
今回のハンズオンでは神経ブロックのハンズオン(初級者編+上級者編)、気道確保困難時のハンズオンなどあり、ベテランの先生からいざという時のためにイメージトレーニングとして受講されている若手の先生まで参加されておりとてもにぎわっていました。
気道確保症例に出会ったときの気道確保器具で、触ったことないものや使う機会が少ないものは、シミュレータを使ってトレーニングするとてもいい機会となりました。
今回高知に3日間滞在しましたが、自然が多く食べ物もおいしく、とても素敵なところでした!


海の幸!


2016年青洲杯

毎年恒例の大学麻酔科対抗野球大会です。
今年もお天気に恵まれました。
普段他大学の先生方とお話する機会は学会でもそんなに多くはないですが、今日はみんなで野球に情熱をぶつけあいます。
女子は応援です!
日医チームは残念ながら初戦敗退してしまいましが…来年はまず一勝したいです!
女子も応援にいきました。
男子チームのみなさんお疲れ様でした!

坂本先生お誕生日おめでとうございます!

10月2日、坂本先生のお誕生日を医局員でお祝いしました。
もちろんサプライズです👍

医局員がたくさんいるのでケーキも色とりどり、たくさん用意しました。
坂本先生、いつもありがとうございます!



2016年度心臓麻酔学会

今年の心臓麻酔学会h横浜ベイホテル東急で開催されました。
初めて参加させていただきましたが、シンポジウムや共催セミナーでは、心臓血管外科手術の麻酔や循環動態モニタリングに関する専門的な内容だけでなく、すべての麻酔に関してとても汎用性のある内容もあつかわれていて、とても充実した勉強となりました。
動物の心臓検体によるハンズオンは非常に理解しやすく人気でした。
今度機会があればぜひ参加したいです。

ポスター発表は今年も電子ポスター形式でした。
日本医科大学からは4人発表しました!



2016年10月17日月曜日

ICUローテ

皆さまこんにちは。


今月からICUローテになりましたのでその模様をUPします。
当院の麻酔科では2年間の麻酔後期研修医期間中に6か月のICUローテが組み込まれています。私の場合は3か月ごとに分けてのローテにしました。前回は今年の1-3月で回りました。
今回は2回目ですので、できることも増えていろいろと勉強できています。
業務内容としては術後管理が基本ですが、内科や外科からの急変患者の入室もあり救急的な研修もできるのが魅力の一つです。
特に冬場にかけてECMO症例が増え、今月は先週の段階で5台のECMO稼働がありました。
指導してくださる先生はECMOエキスパートの市場先生をはじめとして、救急、集中治療の専門医、麻酔科専門医の先生方が一つ一つ丁寧に教えてくれます。当直は基本一人で、待機の先生や麻酔科がいざというときは助けてくれます。非常に緊張感のある現場ですが勉強したことをその場で実践してできるのがとてもためになります。
また、他病院からのECMO研修生の先生が毎月来ますので他施設の状況とを聞けるのも面白いです。


ぜひ麻酔科見学にいらした方はICUにもいらしてください。






カンファレンス









2016年10月1日土曜日

緊急気道確保シュミレーション

先日緊急気道確保シュミレーションを行いました。
昨年から、当院独自のプロトコルを作る目的でさまざまなチームに分かれて、緊急時の対応をまとめています。
その一つが、緊急時の気道確保です。
術前予測からAwake intubaionの適応になるのか否かの評価、CVCI時の対処法をフローチャートを作成し誰でも行動できるようにしています。
今回は当院にどのような器具があり、その利点、欠点の確認等を行いました。一般のフローチャートでは細かいことは各自確認する必要があるため、今回のようなとても細かいところ(AirQではどのサイズの挿管チューブが使用可能か、ファイバーはどのチューブまでなら使用できるか等)まで確認できました。
一刻を争う場では、知識がないことで対応の遅れが出てきてしまいます。反対に知識があれば的確な指示、最短で目的達成が可能となります。
大変有意義な時間でした。

野球練習会

9月某日 上野の正岡子規記念球場にて野球練習を行いました。
雨の日が多い中、何度か中止になったり急きょバッティングセンターでの練習に変更になったりした中、今回は屋外での練習会を開催できました。
コーチを招いてより実践に近い練習ができるようになり10月末の試合が楽しみです。
10月は2回の練習を計画しているのでそこで打順や守備位置等の最終確認を行って本番に臨みたいです。
剛速球を投げる先輩
コーチにとり方の基本を教わる
練習のあとは懇親会で締め

麻酔科研修

みなさん、こんにちは。

今回は麻酔科研修について書いていきます。
毎月たくさんの研修医が当麻酔科を回ってくれます。9月は4人もの先生が来てくれました。
さまざまな目的を持って研修を始めるわけですが、その一つが挿管手技の取得だと思います。
救急や、病棟急変時、自分しかいない場では自分一人で周りに指示を出し、対処しなくてはいけないと思います。特に挿管は医師、限られた救命士しかできませんので、大切な手技の一つです。
1か月の研修で最初は手順もままならなかった研修医が最後には挿管時のバイタルや歯の事などいろいろなことに注意を配りながら挿管ができるようになっていくのを見てとてもうれしく、頼もしく感じました。
この研修を通じて一人でも多くの先生が麻酔科に興味を持ってくれたらいいなと思います。

昼休みの一コマ

2016年9月11日日曜日

第57回日本麻酔科学会関東地方会

9/3虎ノ門ヒルズで関東地方会が行われました。
日本医大付属病院からは、1、2年目を中心に16名が発表を行いました。
指導してくださった先生方も来てくださり、みんな自信をもって発表に臨めていました。
今後もどんどん発表して日本医大をアピールしていきたいと思います。
みなさんお疲れさまでした。